回復リハビリ

回復期リハビリテーションについて

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーションを要する状態の患者様に対して、ADL能力の向上による寝たきりの防止と、家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師・看護師・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)等が共同して作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

 

回復リハビリテーション病棟入院対象者

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等

の発症又は手術後二か月以内の状態

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節又は二肢以上の多発骨折

の発症又は手術後二か月以内の状態

外科手術又は肺炎等の治療時に安静により廃用症候群を有しており、

手術後又は発症後二か月以内の状態

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯

損傷後一か月以内の状態

股関節または膝関節                                  

の置換術後一か月以内の状態

 

回復期リハビリテーション病棟の特徴

  • 病棟専従の理学療法士・作業療法士と専任の言語聴覚士が入院から退院まで継続して担当します。また、当院では日曜、祝日などの休日においても、リハビリテーションを提供する体制を整えています。
  • 看護師は継続した担当制により、より細かなケアに努めます。
  • 患者様ごとに、各スタッフが集まって合同カンファレンスを行います。情報を共有し、患者様の変化に合わせて治療プログラムの変更などについて話し合います。
高原病院 診察案内

外来受付時間

月曜日~金曜日

午前8:00~11:30

午後14:00~18:00

土曜日(午後は休診です)

午前8:00~11:30

医師スケジュールへ

面会時間

10:00~21:00